【ポケカ】「ニンフィアGX」考察

こんにちは。
ふつか[@futsukalog]です。

ブイズ可愛いよブイズ…!

ということで、強化拡張パック「サン&ムーン」に収録されている「ニンフィアGX」の考察です。

ニンフィアGX

ニンフィアGX | ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

ニンフィアGX テキスト

1進化ポケモン(イーブイから進化)

HP200 フェアリータイプ

弱点:鋼×2 抵抗力:悪-20 にげる:**

  • 『マジカルリボン』 妖
    【自分の山札にある好きなカードを3枚まで、手札に加える。そして山札を切る。】
  • 『ようせいのかぜ』 妖無無 110
  • 『プリエールGX』 妖無無
    【相手のベンチポケモン2匹と、そのポケモンについているすべてのカードを、相手の手札にもどす。】

マジカルリボン

妖エネルギーを1個つけるだけで使えるこのワザは、サーチできる効果の中ではとても強力なものだと思います。

特に自分が後攻で最初のターン、バトル場には特性[エナジーしんか]を持つ「イーブイ」が出ている状態で、手札には基本妖エネルギーが1枚でもあれば最高の形ではないでしょうか?

妖エネルギー1個をつけるだけで進化、そのまま『マジカルリボン』を使うことができるので、序盤から圧倒的な速さで自分の望む展開に持ち込むことができます。

ワザを使われた相手側からしたらこのままペースをつかまれるわけにはいかないので、「N」を使ってこちらのサーチを不発に終わらせる手でくるかもしれませんが、これは逆に自分のターンには1枚しか使えないサポートカードを『N』に限定させることができたと考えることもできます。

ようせいのかぜ

ワザの効果はありませんが、妖エネルギー1個とダブル無色エネルギーでワザを使うことができるので使いやすいですね。

『マジカルリボン』を使った後の展開としても繋げやすく、ダブル無色エネルギーをサーチして手札に持ってきておけば、そのままアタッカーとして「ニンフィアGX」を使うことができます。

サーチしてきた主力ポケモンをベンチで育てる間のアタッカーとしての役割も果たせますね。

プリエールGX

必要なエネルギーは『ようせいのかぜ』と同じなので、『ようせいのかぜ』で攻撃しつつも、相手の場の状況によっては『プリエールGX』を使うという選択肢を入れることができます。

エネルギーがついて準備万端なベンチポケモンや、1進化、2進化ポケモンに対して非常に効果的に刺さりますね。

特に2進化ポケモンが主力で、「ふしぎなアメ」を採用しているデッキだと、一度手札に戻されると態勢を立て直せない場合もあります。

まとめ

実際に使っていたので分かっていましたが、改めて書き出してみても使いやすそうですね。

私はデッキの主力ポケモン等をサーチしたり、序盤から中盤にかけてのアタッカーとして使用していましたが、他にもいろいろな戦略のデッキがあるようですね。

なんといっても『マジカルリボン』の使い勝手が良すぎるので、サーチしてきたトレーナーズカードで相手の戦略を崩していく戦い方、相手の手札を減らすもの、山札切れを狙うものなどあるようです。