【ポケカ】初めての人へプレゼンポケカ -ハーフデッキ構築-

こんにちは。
ふつか[@futsukalog]です。

みなさん、ポケモンカードの布教…していますか?

今回は、初めてポケモンカードで遊ぶ友達のために、ポケカのルールが説明しやすいハーフデッキを2つ作ってみました。

至らぬ点は色々あるかと思いますが、せっかく時間をかけて考えたデッキなので書き残しておきます。

構築のポイント

ポケモンについて

ポケモンのカードには、たねポケモンはもちろんのこと、1、2進化ポケモンや特性持ちポケモン、GXポケモンなどの種類があります。

進化できるタイミングや特性の使い方、GXルールの把握のために、両デッキにそれぞれ1枚ずつ投入しました。

また、ポケモンのタイプの説明も欠かせません。

[弱点]や[抵抗力]の項目が関係してくるので、両デッキの主要タイプに対する弱点タイプのポケモンを1枚ずつ投入。

その際に、ポケモンのワザに必要なエネルギーがデッキのタイプと異なると、エネルギーカードが複数になり扱い辛くなってしまうので、必要なエネルギーが無色のワザを持つポケモンを採用しました。

グッズについて

グッズについてはどちらのデッキを使ってもさほど差がないように、大半を同じカードで構成しました。

「ポケモンいれかえ」2枚は、[にげる]項目の説明に関連して使えるので採用。

「ポケモンキャッチャー」などコイントス効果のカードを入れることで、運要素も多めにしてゲームとして楽しくなるように配慮しました。

グッズの中の[ポケモンのどうぐ]も重要な項目なので、忘れずに1枚は入れたいです。

サポートについて

ハーフデッキだとドロー系のサポートカードを多く採用するとすぐに山札が尽きてしまうので注意します。

今回は2枚しか入れれませんでしたが、『サポートは自分の番に1枚しか使えない』ルールを主張したいならもう少し足してもいいかもしれません。

スタジアムについて

デッキによっては採用しないこともありますが、今回は必ず1枚ずつは投入することにしました。

『別の名前のスタジアムが出たなら、このカードをトラッシュする』ルールの確認ができればいいですね。

スタジアムは後出しが強いにならないように、グッズの「フィールドブロアー」も1枚ずつ。

エネルギーについて

投入枚数は、ポケモン3匹のワザに必要なエネルギーの数ぐらいにしました。

デッキを使用してみて、あまりにも展開が遅い場合は調整するのがいいでしょう。

『手札のエネルギーをポケモンにつけるのは1回の番ごとに1枚だけ』なので、他にも1つぐらいエネルギー加速の手段を用意しておくとルールを意識してもらいやすいです。

イベルタルデッキ

ポケモン
イベルタルGX[SM6] 1
イベルタル[XY] 2
アローラコラッタ[SM1M] 2
アローララッタ[SM1M] 1
クチート[SM4S] 1
ヤミラミ[SM6b] 1
グッズ
ネストボール 1
ハイパーボール 1
フィールドブロアー 1
クラッシュハンマー 1
ポケモンキャッチャー 1
スーパーポケモン回収 1
ポケモンいれかえ 2
きずぐすり 1
エネルギーつけかえ 1
ちからのハチマキ 2
サポート
ククイ博士 1
TVレポーター 1
スタジアム
月輪の祭壇 1
エネルギー
基本悪エネルギー 7

「イベルタルGX」、悪タイプメインのデッキです。

エネルギー加速には「イベルタル」の『デスウイング』を採用。
「ヤミラミ」の特性[ほりさげる]とうまく噛み合えば成功です。

相手のゼルネアスに対しては、弱点の鋼タイプである「クチート」を1枚投入しました。

フェアリータイプの抵抗力は悪タイプなので、「ちからのハチマキ」や「ククイ博士」を採用してなんとかワザのダメージを与えてほしい。

ゼルネアスデッキ

ポケモン
ゼルネアスGX[SM6] 1
ゼルネアス[XY] 2
シュシュプ[XY] 2
フレフワン[XY] 1
ピカチュウ[SM4A] 1
パッチール[SM1S] 1
グッズ
ネストボール 1
ハイパーボール 1
フィールドブロアー 1
クラッシュハンマー 1
ポケモンキャッチャー 1
スーパーポケモン回収 1
ポケモンいれかえ 2
ダメージムーバー 2
闘魂のまわし 2
サポート
ハウ 1
ポケモンブリーダー 1
スタジアム
フェアリーガーデン 1
エネルギー
基本フェアリーエネルギー 7

「ゼルネアスGX」、フェアリータイプメインのデッキです。

エネルギー加速には「ゼルネアス」の『ジオコントロール』を採用。
「フレフワン」の特性[フェアリートランス]で好きなポケモンにエネルギーを張替えましょう。

相手のイベルタルに対しては、弱点の雷タイプである「ピカチュウ」を1枚投入しました。

「闘魂のまわし」、「ダメージムーバー」がうまく使えると、「ゼルネアスGX」の『サンクチュアリGX』が活きてきます。

あとがき

作り始めは、わかりやすく相対するポケモンで考えていました。

ちょうど1枚ずつ「イベルタルGX」、「ゼルネアスGX」を持っていたので、デッキを組んでみたのはいいのですが…。

途中で気づきました。思いっきり不利でしたね。イベルタル。

何とか頑張ってほしいとダメージ量アップのために「ちからのハチマキ」や「ククイ博士」でサポートしましたが、微々たるものでしたね。

まあ結果としては楽しくプレイしてもらえたので満足しています。ルールについても2戦目ではほぼ把握できていたのでよかったです。

私自身、ポケカの始まりは友達と一緒にプレイしたハーフデッキの対戦セットがきっかけだったので。

みなさんも誰かにポケカのお誘いをするときには、スタートデッキであったり、楽しくプレイできそうなデッキを組んでみてはどうですか?