【ポケカ】カミツルギ+テッカニン・ヌケニンデッキ

こんにちは。
ふつか(@futsukalog)です。

今回はカミツルギとテッカニン・ヌケニンを組み合わせたデッキを作ったので紹介します。

TAG TEAMのカードが続々と登場してきて、たねポケモンでもHPが250以上あったりと、一撃で倒すのが難しくなってきましたね。

そんななか、カミツルギが面白く、決まれば強いワザを持っているので使ってみました。

カミツルギ+テッカニンデッキ

デッキ一覧

デッキを表示|ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

上記リンクから、公式サイトでのデッキ表示、各カードの詳細確認、このデッキを元にした新しいデッキ作成などができます。

デッキコンセプト
  • カミツルギの「みねうち」で相手ポケモンの残りHPを10にし、キョウの罠や戒めの祠でダメージを与えてきぜつさせる。
  • テッカニンの特性「ぬぎのこし」で、トラッシュのヌケニンをベンチに展開する。
  • ヌケニンの特性「いのちのうつわ」を利用して、サイドを取られないようにして戦う。

採用カード解説

カミツルギ

カミツルギ

カミツルギ|ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

相手のポケモンがどんなにHPが高くても、「みねうち」一発で残りHPを10にできる効果が強力です。

コイントスの結果次第というロマンワザではありますが、そこはビクティニの特性「しょうりのほし」で確率を上げて挑戦します。

残りHPが10になるだけでも強力ですが、さらにキョウの罠や戒めの祠を合わせて使うことで、1ターン1撃で相手ポケモンを倒すことが可能になります。

「ダイキリ」もとても優秀なワザなのですが、このデッキのコンセプト的には使うことが少ないですね。

テッカニン・ヌケニン

テッカニンヌケニン
ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

テッカニンも採用していますが、本命はヌケニンの特性「いのちのうつわ」でサイドを容易にとらせないことです。

この特性で非GXポケモンにヌケニンをポケモンのどうぐとしてつけると、ポケモンがきぜつしてもサイドを取られないので、これで時間を稼ぎつつカミツルギの「みねうち」の手数で戦います。

テッカニンは、カミツルギの「みねうち」で倒してもメリットが少ない非GXポケモンや、HPが少ないポケモンとの対面で戦えます。

草エネルギー1つで使いやすいワザ「シザークロス」も、ビクティニの特性「しょうりのほし」に対応しているので、80ダメージを出すことも比較的多いです。

ビクティニ

ビクティニ

ビクティニ|ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

コイントスのワザを使うデッキではお馴染みのポケモンですね。

ビクティニが何枚いても特性「しょうりのほし」は自分の番に1回しか使えませんが、サイド落ちスタートでは非常に辛いので2枚投入しています。

ベンチにいることが仕事なので、バトル場から動きやすいようにエスケープボードをつけてあげます。

その他のカード

キョウの罠戒めの祠
ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

キョウの罠

カミツルギの「みねうち」を打つ前に使います。

これで「みねうち」が決まれば、相手の番の前のポケモンチェックでどくにより10ダメージ与えることができるので、相手ポケモンを倒すことができます。

カミツルギのワザではなく、状態異常によるダメージで倒すことになるので、ねがいのバトンなどの効果が発動しないのもおいしいです。

ただし、キョウの罠を使うとこのターンはもうサポートが使えないので、グズマで相手のベンチポケモンを狙えないのが難点です。

戒めの祠

キョウの罠と同様に、カミツルギの「みねうち」で残りHPを10にしたポケモンを仕留めます。

GXポケモン専用になりますが、キョウの罠とちがってスタジアム効果なので使いやすいです。

このデッキでは唯一カプ・テテフGXがダメージを受けてしまうので、そこは注意です。

ボール系統

ネットボールではビクティニを山札から持ってくることができないので、ネストボールの方を多く採用。

枠の関係でネットボールは2枚しか入れてないが、カミツルギ・テッカニン共に草エネルギーが1枚で済むので、デッキを回してみながらネストボールとの枚数振り分けを考えたいです。

ハイパーボールはカプ・テテフGXを採用しているので4枚。初動を安定してリーリエでドローしていきたいです。

また、このデッキで唯一、手札にあるヌケニンをトラッシュに送ることができるカードでもあります。かんこうきゃくなど、他のカードでヌケニンをトラッシュに送る手段を採用した場合は、カプ・テテフGXと共に枚数を減らすのが良さそうです。

ビーストリング

序盤から相手に攻め込まれて、カミツルギの準備が間に合わずにきぜつされることが多かったので投入しました。

このデッキではカミツルギの「みねうち」を基本草エネルギー1個+ダブル無色エネルギーで使うことを想定していますが、いざというときはビーストリングで草エネルギーをエネ加速してワザを使います。

エスケープボード

カミツルギ、テッカニンには逃げエネがありませんが、ビクティニやカプ・テテフGXには必要なので、そのカバーのために採用しています。

グズマで充分かもしれませんが、その場合「みねうち」+キョウの罠のコンボは不可能になるので考え物です。

ぼんぐり職人

ボール系統のカードを3種類も投入しているので入れてみました。

しかし、ドローサポートがリーリエ4枚だけになってしまったので、この枠を別のドローサポートに使うのが無難かもしれません。

使用した感想

「みねうち」を一度決めることができればいいなーぐらいの感覚で作ってみましたが、思いのほか強かったです。特にTAG TEAMポケモンが相手だと2体倒して終了なので、一回目の「みねうち」が決まると流れに乗れる感じでした。

GXポケモン相手には戒めの祠が刺さるので問題なかったのですが、キョウの罠はサポートカードということもあり使いどころが難しかったです。ボール系統カードを多く投入していたこともあり手札が減りやすく、常にドローサポートを使いたいと思いながらも「みねうち」使うならキョウの罠を使わないといけない。みたいな場面が多々ありました。

相手のポケモンを状態異常にする効果はエンニュートラフレシアなどポケモンの特性でもあるので、そちらを利用しつつもう少しドローサポートに枠を割ければいいかなと思いました。

カミツルギ、テッカニン、どちらがバトル場に来てもコイントスのワザなので、決まるかどうかをドキドキしながら楽しめるデッキでした。

以上、カミツルギ、テッカニン・ヌケニンを使ったデッキ紹介でした。

▼カミツルギ収録パックはこちら▼

ポケモンカードゲーム サン&ムーン 強化拡張パック「フルメタルウォール」 BOX
created by Rinker