【ポケカ】ガブリアス&ギラティナGX+カラマネロデッキ

こんにちは。
ふつか(@futsukalog)です。

今回はガブリアス&ギラティナGXにカラマネロを組み合わせたデッキの紹介です。

レシラム&リザードンGXも強力なワザを持っていて猛威を振るっていますが、ガブリアス&ギラティナGXも負けていませんよね。

ワザに必要なエネルギーは2種類なので扱いには難がありますが、それでも回せるように意識したデッキを作ってみました。

ガブリアス&ギラティナGX+カラマネロデッキ

デッキ一覧

デッキを表示|ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

上記リンクから、公式サイトでのデッキ表示、各カードの詳細確認、このデッキを元にした新しいデッキ作成などができます。

デッキコンセプト
  • ガブリアス&ギラティナGXの「カラミティエッジ」で相手ポケモンを蹴散らす!
  • カラマネロを安定してベンチに並べられるデッキ構成を意識。
  • ギラティナやのろいのおふだなど、ダメカンをばら撒くカードも投入。

採用カード解説

ガブリアス&ギラティナGX

ガブリアス&ギラティナGX

ガブリアス&ギラティナGX|ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

「カラミティエッジ」160+80=240ダメージで、相手ポケモンを蹴散らします。

こだわりハチマキもつけたいところですが、枠に空きがないので不採用。「ちょくげきだん」やギラティナの特性「やぶれたとびら」、のろいのおふだなど、ダメカンを乗せれるときにしっかり計算しておくのが大事になります。

「ちょくげきだん」は無色1エネで使いやすく、「カラミティエッジ」で倒しきれずにベンチに下がったポケモンも狙えるのでいいですね。

このデッキでは闘エネルギーが4枚しかないので「ジージーエンドGX」の追加効果は狙えないと思いますが、それでも十分強力な効果です。相手ベンチに控える特性持ちポケモンを早々に処理してしまうのも手ですね。

一度バトル場に出るとサポート権を使わないと逃げることが困難なので、ベンチでしっかりエネルギーをつけてから戦いたいですね。

カラマネロ

カラマネロ

カラマネロ|ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

特性「サイコリチャージ」でトラッシュの超エネルギーを1枚、ベンチポケモンにつけます。

序盤はとにかくデッキを回してベンチにマーイーカを並べ、カラマネロに進化。しっかり盤面を整え、ガブリアス&ギラティナGXにエネ加速していきます。

狩られる可能性も十分にあるのでマーイーカ、カラマネロともに4枚ずつ投入。さらにのろいのおふだをつけて倒されてもダメカンをばら撒けるようにします。

特性「サイコリチャージ」の対象はベンチポケモンなので、状況に応じてバトル場とベンチの入れ替えを考える必要があります。

ギラティナ

ギラティナ

ギラティナ|ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

GXポケモン対策の相手に対してのサブアタッカーです。

ガブリアス&ギラティナGXと同様に、カラマネロの特性「サイコリチャージ」でエネ加速してから戦います。

さらに特性「やぶれたとびら」でダメカンをばら撒くことができるので、ガブリアス&ギラティナGXの「カラミティエッジ」との相性抜群です。

ハイパーボールやミステリートレジャー、トキワの森のコストとしてトラッシュする動きが強いですね。

その他のカード

ひかるミュウギーマ
ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

ひかるミュウ

もうひとつのエネ加速手段として採用。後攻スタートならこっちの方が早いです。

HP30なので不用意にベンチに出しておくことはできませんが、のろいのおふだをつけておけばエネ加速もこなしつつ、相手ポケモンにダメカンを乗せることができます。

カラマネロが立つと不要になってしまうので、序盤の活躍を期待して2枚。

ミステリートレジャー

超・ドラゴンデッキではハイパーボールより優秀。少ないコストで確実にポケモンを手札に持ってきます。

合わせてハイパーボールも2枚投入しているので、カプ・テテフGX→ドローサポートの動きを安定させてデッキを回したいです。

ネストボール対象外のカラマネロを持ってくることも多いです。

レスキュータンカ

マーイーカ、カラマネロの回収を考えて2枚投入。

しかしどちらも4枚投入でそのまま戦いきれることが多いので、別のカードと変えるならこれからかなと思いました。

のろいのおふだ

ひかるミュウやマーイーカ、カラマネロにつけておくことで、倒されることにもメリットが生まれるようになります。

このデッキではダメカンを乗せる自由度が一番高いので、効果的に使いたいカードです。

ギーマ

ガブリアス&ギラティナGXと同じ、強化拡張パック「ジージーエンド」から1枚採用。

相手のベンチポケモンにはダメカンが乗っているけど、バトルポケモンには乗っていない場合に使います。

「カラミティエッジ」のために入れましたが、サポート権を使ってまで有効に扱える場面が少なかったので1枚。

フウとラン

ドローサポート兼、ポケモンを入れ替えるために採用。

ポケモンいれかえの方が扱いやすいですが、ドローサポートとしても使える安心感があります。

トキワの森

カラマネロの特性「サイコリチャージ」はトラッシュの超エネルギーが対象なので、あらかじめトラッシュに超エネルギーを送っておく必要があります。

トキワの森なら基本エネルギーのサーチと、コストとしてトラッシュにカードを送る動きの2つができます。

4枚しか入れていない闘エネルギーも持ってこれるのでとても便利です。

使用した感想

「カラミティエッジ」は相手ポケモンにダメカンが10でも乗っていると240ダメージ出せるので、特性「やぶれたとびら」のギラティナとの相性抜群ですね。サブアタッカーとして活躍できる点も良いです。

ただし、エネルギーをつけるのはやはり少し手間がかかるので、序盤のカラマネロを立てる動きがどれだけできるかが重要でした。

今回のデッキではエネ加速としてカラマネロを採用し、投入枚数も多くなったので空きがありませんでしたが、ポケモンいれかえやあなぬけのヒモを使った入れ替えや、じゃくてんほけんとまんたんのくすりによる高HPを活かした戦い方も面白そうだと思いました。

以上、強化拡張パック「ジージーエンド」、ハイクラスパック「GXウルトラシャイニー」収録。
ガブリアス&ギラティナGXとカラマネロを組み合わせたデッキ紹介でした。