【ポケカ】「リーフィアGX」考察

こんにちは。
ふつか[@futsukalog]です。

ブイズ可愛いよブイズ…!

ということで、拡張パック「ウルトラサン」に収録されている「リーフィアGX」の考察です。

リーフィアGX

リーフィアGX | ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

リーフィアGX テキスト

1進化ポケモン(イーブイから進化)

HP200 草タイプ

弱点:炎×2 抵抗力:なし にげる:**

  • 特性[あおばのいぶき]
    【このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。エネルギーがついている自分のポケモン1匹のHPを「50」回復する。】
  • 『ソーラービーム』 草無無 110
  • 『グランブルームGX』 草
    【自分のベンチのたねポケモン全員からそれぞれ進化するカードを、自分の山札から1枚ずつ選び、それぞれにのせて進化させる。そして山札を切る。】

特性[あおばのいぶき]

「リーフィアGX」がバトル場にいる必要がありますが、自分のポケモン1匹のHPを50回復できます。

うまく毎ターン回復することができれば、相手のポケモンが威力の高いワザを持っていない限りはなかなか倒されないでしょう。

エネルギーがついているポケモンなら回復できるので、効果の対象範囲が広くていいですね。

もちろん、バトル場で戦い続けた場合の「リーフィアGX」自身も回復できます。

「リーフィアGX」はあくまで回復サポートとして考えるなら、バトル場とベンチを行き来できるように「ソルガレオGX」の特性[ウルトラロード]や「グズマ」といったカードを使って、常に入れ替えが自由な状況が望ましいですね。

ソーラービーム

ダブル無色エネルギーに対応しているので、ワザが出しにくいということはないと思います。

ダメージをもっと与えたい場合は、「こだわりハチマキ」や「ラランテス」の特性[にほんばれ]でサポートしてあげましょう。

自身の特性[あおばのいぶき]である程度回復しながら戦えるので、粘り強い戦いを展開していきましょう。

グランブルームGX

自分のベンチに出ているたねポケモン全員を進化させることができる強力なワザです。

また、「ふしぎなアメ」のように手札からではなく、山札から直接持ってこれるのもいいですね。

序盤からいきなり『グランブルームGX』を使用してベンチを進化ポケモンで揃えて、相手の場が整う前に一気に攻めていきましょう。

そのためにはあらかじめベンチにたねポケモンを出しておく必要があるので、「アズサ」や「ポケモンだいすきクラブ」、「ネストボール」などを使用して早めにたねポケモンを揃えておきましょう。

備考

個人的には特性[あおばのいぶき]で回復サポートととして「リーフィアGX」を扱うのは厳しいと思います。

確実にダメージを回復するなら「まんたんのくすり」や「アセロラ」などがありますし。

ならば、「リーフィアGX」自身がバトル場で戦うスタイルの方が組みやすいでしょう。

特性[あおばのいぶき]の発動はバトル場指定なので、これならわざわざベンチと入れ替わる必要がなくなります。

「リーフィアGX」自身を特性[あおばのいぶき]で回復しつつ、『ソーラービーム』で相手のポケモンにダメージを与えていく。

火力がちょっと物足りないならば、『グランブルームGX』でベンチに出す進化ポケモンを「ラランテス」で固めて、ダメージ量をアップさせてもいいですね。