イーブイ&カビゴンGX+ジバコイル(鋼)デッキ

こんにちは。
ふつか(@futsukalog)です。

今回はイーブイ&カビゴンGXとジバコイルを組み合わせたデッキを作ったので紹介します。

イーブイ要素はさておき(おうえんかな…)、カビゴンらしくどっしりと居座り、瞬間パワフルさを発揮するデッキ内容になりました。

イーブイ&カビゴンGX+ジバコイル(鋼)デッキ

デッキ一覧

デッキを表示|ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

上記リンクから、公式サイトでのデッキ表示、各カードの詳細確認、このデッキを元にした新しいデッキ作成などができます。

デッキコンセプト
  • イーブイ&カビゴンGXの「ダンププレス」で、進化ポケモンに対して大ダメージを狙う。
  • たねポケモンでHP270という耐久力を活かす。
  • ジバコイルの特性「マグネサーキット」でエネ加速。

採用カード解説

イーブイ&カビゴンGX

イーブイ&カビゴンGX

イーブイ&カビゴンGX|ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

ダメージはないものの、後攻スタートからの「おうえん」でエネ加速が決まれば嬉しい。

ダブル無色エネルギーがつけば、2ターン目から「ダンププレス」や「メガトンフレンズGX」の選択肢がでてくるので、相手としてもやりにくいはずです。

「ダンププレス」は進化ポケモンに対して240ダメージ出るのでとても強力です。
ほとんどの1・2進化GXポケモンを1撃で倒せるので、ハマってしまいます。

一方、たねポケモンに対しても、1回限りですが「メガトンフレンズGX」があります。
「ダンププレス」と同じエネルギー数で使えます。210ダメージ出ます。つおい。

さらに「メガトンフレンズGX」には、追加でエネルギーが1個ついているなら、手札が10枚になるように山札を引くことができるので、手札にドローサポートがないときなども重宝します。

ジバコイル

ジバコイル

ジバコイル|ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

鋼タイプ対応のジバコイル。
特性「マグネサーキット」により、手札にある鋼エネルギーを自分のポケモンにつけていくことができます。

また、フーパやアローラキュウコンといった対GX特性を持つポケモンに対しての唯一のアタッカーでもあり、「でんじほう」を撃つ場面もあったりします。

進化前たねポケモンであるコイルの「マグネサーチ」も優秀で、山札から鋼エネルギーを3枚まで手札に加えることができるので、特性「マグネサーキット」と相性良しです。

その他のカード

じゃくてんほけんまんたんのくすり
ポケモンカードゲーム公式ホームページより引用

じゃくてんほけん

イーブイ&カビゴンGXの耐久力を活かすデッキなので、闘弱点をカバーするために採用。

弱点を突かれると140ダメージでアウトなので、とにかく1撃でやられないように意識します。

まんたんのくすり

じゃくてんほけんと合わせて、イーブイ&カビゴンGXの耐久をさらに活かします。

エネルギーをすべてトラッシュしなければいけませんが、テンガン山でトラッシュの鋼エネルギーを回収してジバコイルの特性「マグネサーキット」で再度つけることができるので、場が整っているとデメリットなしで使えます。

ネクロズマ たそがれのたてがみGX

たねポケモンに対するサブアタッカーとして採用。
主に使うワザは「メテオテンペスト」。「イクリプスサンGX」もしばしば。

こちらもジバコイルとの相性が良いので、相手のデッキに応じてイーブイ&カビゴンGXと使い分けます。

カプ・コケコ

お馴染みのポケモン。ベンチに出しておくことで、グズマ・にげるといった行動がしやすくなります。

ダブル無色エネルギー対応の「かいてんひこう」も、HPが250の進化ポケモンに対してダメカンをばら撒いておくことで、240ダメージの「ダンププレス」圏内にすることができます。

使用した感想

正直、最初は4エネ「ダンププレス」を使うことができるか少し不安でしたが、「おうえん」で自身のエネ加速もできるので意外と戦えました。

ダブル無色エネルギーがつけられるとやはり強いので、エネくじの採用もありかなと思います。

ジバコイルはふしぎなアメ頼りなので取り扱い注意ですね。
マサキの解析で引きやすくしましたが、後半でもまんたんのくすりやじゃくてんほけん、テンガン山などを引くために使えるので、採用枚数を増やしてもいいかもです。

以上、拡張パック「タッグボルト」より。
イーブイ&カビゴンGXを使ったデッキ紹介でした。